ドライブレコーダーの製造会社(メーカー)

ドライブレコーダーの製造会社(メーカー)

スポンサードリンク

増えつつあるドライブレコーダー製造会社

増えつつあるドライブレコーダー製造会社

まだ一般的に普及は少ないドライブレコーダーですが、交通事故の状況が客観的に把握できる点、安全運転への教育指導にもなる点、エコドライブにもつながる点からその効果が注目されつつあるのは確かです。国土交通省やタクシー協会、トラック協会などもその効果を認めていて、補助制度などを整えてつつあります。そんなドライブレコーダーに着目し、製造を始めているメーカー・製造会社も増えています。現在では「どら猫2」などでお馴染みの製造会社ホリバアイテック、「セイフティレコーダー」のデータ・テック、「クオリティビジョン」のあきば商会、「ドライブトレーナー」のオプテックス、「YAZAC-eye」の製造会社矢崎総業、ドライブカメラのwitness、「Roadview」のマルハマ、「DREC1000」の富士通テン、「CF-2400A」のクラリオンなどのメーカーがドライブレコーダーの開発・販売をしています。


ページのトップへ ▲

ホリバアイテックの安全運転・運行管理システム

ホリバアイテックの安全運転・運行管理システム

ドライブレコーダーの製造会社として知名度の高いホリバアイテック。このメーカーはドライブレコーダーの他にドライビングアドバイザーやタコグラフなどの商品を扱っている製造会社で、車両運行の管理を行い効率化を進めていました。ホリバアイテックのドライビングアドバイザー「HIT-GS」は「危険な運転」と判断された場合、音声ユニットによってガイダンスが流れ適切なアドバイスを流し、ドライバーへの注意を促します。取付けは工事不要で簡単。誰にでも取り付けることができ、すぐに運行管理ができるシステムを搭載した機器です。


ページのトップへ ▲

海外のメーカーが開発したドライブレコーダー

海外のメーカーが開発したドライブレコーダー

アメリカにおいては日本より普及率が高いドライブレコーダー。製造会社の数も多いです。台湾のメーカーも2006年にはドライブレコーダーを発売しました。台湾Eyes Technology Co.と台湾Appro Technology Inc.はそれぞれ複数のカメラを接続できるドライブレコーダーを開発。台湾Eyes Technology Co.は娯楽機能やセキュリティ機能を充実させたドライブレコーダーを、台湾Appro Technology Inc.は低価格で求められるドライブレコーダーを発明。海外においてもドライブレコーダーの効果が見込まれ、製造に取り組む製造会社が増えているようです。また、製造会社ではありませんが、SECOM山陰株式会社では、ドライブカメラ、ホリバアイテック、富士通テン、カヤバ工業の4つのメーカーの製品を販売しています。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク