ドライブレコーダーの録画時間その他

ドライブレコーダーの録画時間その他

スポンサードリンク

事故前の録画時間が重要

事故前の録画時間が重要

ドライブレコーダーはほとんどの製品が20〜30秒ほどの録画時間です。録画時間は事故前が15秒で事故後が5秒、事故前12秒事故後8秒、事故前20秒事故後10秒といった具合に事故前に録画時間の重きをおいているドライブレコーダーが多いです。事故前の録画時間が長いことからも分かるように、なぜ事故が起こったか、どのように事故が起きたのかを把握するものなので、事故前の映像がしっかり録画されていることが重要なのです。中にはデータテック セイフティレコーダーのように事故前30秒、事故後30秒と録画時間が多いものもあります。また、事故だけでなく車内犯罪を記録するためのドライブレコーダーもあり、それは録画時間が最大16時間といった長時間にわたって録画可能です。


ページのトップへ ▲

ドライブレコーダーの機能

ドライブレコーダーの機能

運転中の接触事故や衝突事故の様子を録画するという基本的な機能の他に様々な機能が付いているドライブレコーダーがあります。例えば、ロードビューという機器は、信号待ちや渋滞の時に前の車が発進したことを教えてくれるアラーム機能が付いていたり、富士通テンの機器は急加速や速度超過違反などをブザーで教えてくれる機能があります。また、業務用の車に取り付けるドライブレコーダーには、走行距離や走行ルート、出発時間や到着時間、稼働距離などが把握できるシステム機能が搭載されているドライブレコーダーもあり、業務の改善や効率化に役立つ機能がついた機器もあります。


ページのトップへ ▲

ドライブレコーダーの重要な役割

ドライブレコーダーの重要な役割

ドライブレコーダーにはいつ、どこで、どんな運転をしたかなどの運転状況を記録できる機能がついた機器が多く、それはドライバーの習慣や危険性を教えてくれるものでもあります。それによってドライバーは自分の運転の安全性を確認することができ、交通事故への危険性も減ることにつながります。また、事故の瞬間の記録が残るわけですから、その状況を把握し、何がいけなかったか、なぜ事故が起こったのかを理解することで、今後の運転の姿勢も変わってくるでしょう。ドライブレコーダーは、交通事故を理解し、ドライバーの安全運転の意識を高める役割も果たしているのです。実際、ドライブレコーダーに録画された映像をもとに、安全運転を促す指導も行われています。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク