ドライブレコーダーの評判

ドライブレコーダーの評判

スポンサードリンク

まだまだこれからという評判

まだまだこれからという評判

TVの特集で話題を呼んだドライブレコーダー。しかし現状では車に搭載している個人は少なく、知らない人も多いでしょう。ドライブレコーダーについて多少、知っている人でも、実際に購入するまでには至らないようです。価格的にも決して安いとは言えず、事故が起きて記録された情報がどれくらい役に立つものなのかも、しっかりとした認識はできないのが現状です。交通事故を起こしてしまった際に起こり得る示談交渉などに対して、ドライブレコーダーの記録が有効に働いたという事例もほとんどなく、保険会社もまだ「ドライブレコーダーがとても有効的」と断定はしていない点が、まだまだドライブレコーダーの評判がいいとは言い難く、個人で購入する例も少ないことにつながります。


ページのトップへ ▲

自分の運転を振り返る

自分の運転を振り返る

ドライブレコーダーの役割として、事故の瞬間の映像を記録するということの他に、ドライバーの運転の様子を記録するという役目もあります。実際、ドライブレコーダーを搭載し運転を試みて、自分の運転を客観的に見ることができて、今後の運転に気をつけるようになった、という評判があります。運転に自信のあるドライバーでも映像に残された自分の運転を見ると、いかに事故につながる運転をしていたか、ということが理解できるという評判です。ドライブレコーダーをつけることによって、安全運転をすることは交通事故の防止につながります。自分の運転を顧みるという点においては、かなりいい評判があるようです。


ページのトップへ ▲

事故に対するリスクマネージメント

事故に対するリスクマネージメント

事故を起こした時に生じる保険関係の問題に対するドライブレコーダーの効用、価格の問題などまだまだ「いい評判」を得ているとは言えないドライブレコーダーですが、その重要性は認められつつあります。国土交通省においてもドライブレコーダー搭載のタクシーの事故の減少データを検討したり、補助制度が活用されている現状があることからも、その評判がうかがえます。カーナビの装備としてドライブレコーダーが用意されたり、そう遠くない将来には一般装備としてドライブレコーダーを搭載するという声もあります。盗難防止や車上あらしを防ぐカーセキュリティの機器の普及や、レーダー探知機などの普及が増えつつあることからも分かるように、車の安全や交通事故に対する危機管理をしていこうという流れがあるのは間違いありません。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク