富士通テンのドライブレコーダー徹底ガイド

富士通テンのドライブレコーダー徹底ガイド

スポンサードリンク

富士通テンが開発してきたドライブレコーダー

富士通テンが開発してきたドライブレコーダー

富士通テンが発売しているドライブレコーダー・「DREC1000」は、カーAV&ナビゲーションシステム「イクリプス」からドライブの安心を提供する商品として発売され、そのスマートさから注目を集めつつあります。交通事故を減らす手段として、国土交通省などが普及を目指している現在、タクシーなどの商用車を中心としてドライブレコーダーの普及が進んでいる中、富士通テンでは2005年にはタクシー向けに、2006年にはバス・トラックなどの運輸商用向けにドライブレコーダーを発売してきました。そんな富士通テンが今までの経験・方法を生かして製造、幅広い車種に取付けられる、一般車用に開発したドライブレコーダーが、「DREC1000」です。


ページのトップへ ▲

富士通テンのドライブレコーダー・アヴィアス

富士通テンのドライブレコーダー・アヴィアス

富士通テンが製造してきた商用向けのドライブレコーダー・アヴィアス。このドライブレコーダーは映像、速度、日時などを記録する単機能モデルと単機能に加えた音声、位置、動態、運行状況などを把握できる高機能モデルがあります。使いやすい高性能小型カメラで、高機能モデルのオプションとして、画像の他に急ブレーキや急ハンドル、危険運転エリアや速度超過など運転動向を記録、また危険発生地点を記録し事故の未然防止の教育に役立てることができます。また、カメラは本体分離型で小型CCDカメラをルームミラー裏に設置。視界を妨げません。さらにドライバーの音声も記録できるので、事故発生時の声などを録音することができます。


ページのトップへ ▲

ドライブレコーダーの効果

ドライブレコーダーの効果

富士通テンがタクシー向けに製造したアヴィアスが2006年にはトラックなどの大型車にも対応できるドライブレコーダーになりました。映像やデータによるドライバーの運転特性を把握し教育することでより安全な運転ができるようになること、事故処理の迅速さや運行管理の効率化ができることと、さらに急加速、急減速が減ることで燃料費やCO2の削減にもつなげるドライブレコーダーとなっています。国土交通省の調査データによると、平成16年の月間1台あたりの事故発生件数がドライブレコーダー搭載前と搭載語では15%も減ったと出ています。さらに急加速の減少により、約10%の燃費削減が実現されたというデータがとれています。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク