自動車のドライブレコーダーとは

自動車のドライブレコーダーとは

スポンサードリンク

.

自動車のドライブレコーダーの役割

ドライブレコーダー

飛行機事故が起こった時、よくフライトレコーダーによって事故の状況を把握したり、解明する、といったことを聞いたことがあると思います。ドライブレコーダーはその自動車版です。ドライブレコーダー(車載型画像記録装置)は自動車のルームミラーの近くや社内のフロントガラスなどに取り付け、衝撃が起こったきっかけで衝撃前と衝撃後の映像を録画する装置です。自動車事故の真相を把握するとともに、事故の内容の証拠ともなり、不当な保険金請求などに対応できます。また、この自動車事故の映像を見せることによって事故の恐ろしさ、安全運転の大切さを指導する安全運転を指導し交通事故を押さえる役割も担っています。現在ではトラックやバス、タクシー、自家用車などほとんどの車輌に取り付けることができます。


ページのトップへ ▲

ドライブレコーダーを購入する

一般にはまだあまり知られていない自動車のドライブレコーダー。どこで手に入れることができるのでしょうか?自動車のドライブレコーダーというと「どら猫2」「witness」などがよく知られていますが、富士通テンやクラリオン、ECLIPSEの製品もあります。これらはインターネットで購入できる製品もありますが、ほとんどは販売代理店にて購入できます。取り付けも難しくないものもあり、誰も購入することはできますが、自動車のドライブレコーダーのタイプも様々あり、用途や車種、業種によって適切なドライブレコーダーを取り付けることが必要です。現在ではバイク用も開発が進んでいるようです。


ページのトップへ ▲

自動車のドライブレコーダーってどんなもの?

ドライブレコーダー

各メーカーによって機能や仕様が違いますが、大体が幅100〜200mm程度、高さが50〜100mm程度のものが多いようです。カメラは広角レンズで、広い範囲で詳細に撮影、また夜間撮影ももちろん可能です。自動車への取り付けはシガーソケットに装着する型もありますが、ほとんどは電源、ACC、アース、車速パルスへの配線を必要とします。データを記録する本体部分とカメラやマイクなどが分離したセパレートタイプがあり、設置場所にも困らないものもあります。最近ではカーナビの装備としてドライブレコーダーを用意するメーカーもあり、徐々に一般にも知られているようです。自動車のドライブレコーダーだけでなく、現在ではバイク用も開発が進んでいるようです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク